【速遞大陸】

本課內容:單詞、課文。
課程講解:主要語法和句型。

【速遞大陸】

単語:

きんねん(近年)【速遞大陸】近年來
かって【速遞大陸】過去,以前,曾經
しんや(深夜)【速遞大陸】深夜
きゅうじつしゅっきん(休日出勤)【速遞大陸】節假日上班
あたりまえ(當たり前)【速遞大陸】當然,理所當然
しゅうきゅうふつかせい(週休二日製)【速遞大陸】雙休日製度
どうにゅうする(導入する)【速遞大陸】引進,引入,導入
ろうどう(労働)【速遞大陸】勞動
へらす(減らす)【速遞大陸】減少,減輕
とりくみ(取り組み)【速遞大陸】措施,舉措,努力
じっしする(実施する)【速遞大陸】實施,實行
こっか(國家)【速遞大陸】國家
こうむいん(公務員)【速遞大陸】公務員
せいど(制度)【速遞大陸】制度
パーセント(%)【速遞大陸】百分比
フレックスタイム制度(…制度)【速遞大陸】彈性工作時間制度
たいきん(退勤)【速遞大陸】下班
ろうどうしゃ(労働者)【速遞大陸】勞動者
バランス【速遞大陸】平衡
もうける(設ける)【速遞大陸】制定,設置,設立
いくじきゅうか(育児休暇)【速遞大陸】
ほとんど【速遞大陸】基本上。幾乎
える(得る)【速遞大陸】得到,取得
しゅっせ(出世)【速遞大陸】晉升,出人頭地,出息,
さまたげ(妨げ)【速遞大陸】妨礙,妨害
くらべる(比べる)【速遞大陸】相比,比較
おう(追う)【速遞大陸】追,趕
これまで 以往,此前
みられる(見られる) 出現,能看到
じかんにおわれる(時間に追われる) 被時間追趕
~年代 ~年代

課文:

近年サラリーマン事情
かつて、日本のサラリーマンといえば、朝早く家を出て家に掃るのは新夜になり、殘業や休日出勤をするのは當たり前でした。近年、週休2日製の導入や勞動時間を減らす取り組みなどが實施され、サラリーマンの生活は變化してきました。
週休2日製は1980年代から企業に導入されてきました。1992年には國家公務員に、2002年には小、中學校にこの制度が導入されました。2005年の調查によると、日本の企業の89%が、週休2日製を實施しています。
さらに、フレックスタイム制度を導入する會社も增えています。これは、自分の出勤と退勤の時間を自由に決められる制度です。勞動者が自分の生活と仕事のバランスを取りながら、働くことができるように設けられました。
また、日本の會社には、育兒休暇の制度がありますが、これまでこの制度を利用するのは、ほとんどが女性でした。男性の場合、會社での理解が得られないのではないか、出世の妨げとなるのではないかと考える人が多かったからです。近年、家族との時間を大切にしたいと考えて、この制度を利用する男性が見られるようになりました。
このように、日本のサラリーマンの働き方は、かつてと比べると大きく變化しています。都會での時間に追われる生活をやめて、田舍に引っ越す人もいます。

試試實力?來為本文部分提供翻譯稿吧!

更多課程內容等你學>>>