「馬鹿(ばか)」這個詞相信很多人都認識,知道是愚蠢、笨、傻的意思。其實除了這些意思之外,「馬鹿」還可以表示沒有常識,程度一般等。這個詞曾有多種漢字寫法,比如「莫迦」、「馬稼」、「破家」、「跛家」等等。關於這個詞的由來在日本還有許多不同的説法。

サンスクリット語説|來自梵語的説法

サンスクリット語で「無知、迷妄」などを意味する「moha」の発音の音寫(音を真似る事)が「募何」(ぼか)という言葉となった事を由來とする説です。

有一種説法是「馬鹿(ぼか)」源於梵語中表示無知、迷惘等意思的“moha”,最初是根據發音寫成了「募何(ぼか)」。

「馬鹿」という表記は後からの當て字というあると考える説で、これは、江戸時代の國學者の天野信景が提唱し、広辭苑や多くの國語辭典で記載されているようです。

「募何」後來被寫成「馬鹿」,這種説法是江户時代的國學大師天野信景提出的,廣辭苑及很多國語詞典都這麼記載。

中國の史記「鹿を指して馬という」説|來源於中國史記中指鹿為馬的故事

昔、中國の秦の趙高という方が、二世皇帝の宮中に鹿を連れ、「珍しい馬がおります」と獻上した時に、皇帝は「鹿ではないのか?」と聞き返されました。しかし、趙高は「これは馬でございます」と答えました。そして、家臣に「これはどう見えるか?馬か?鹿か?」と尋ねたところ、趙高派の家臣たちは、「馬でございます」と答えましたが、趙高に不満がある反趙高派の家臣たちは、「鹿でございます」と答えました。反趙高派の家臣たちの発言は趙高の怒りを買い、その後に処刑されたそうです。

中國秦朝第二位皇帝在位時,曾有名為趙高的人帶了一頭鹿到宮中,説:“這是品種稀有的馬。”皇帝反問“這不是鹿嗎?”。趙高卻回答“這是馬”。於是皇帝問大臣“這看起來是馬還是鹿?”支持趙高的大臣回答是“馬”,而反對趙高的大臣們卻説是“鹿”。反對趙高的大臣的回答激怒了趙高,事後他把回答是鹿的人處死了。

破家説|破家説

禪宗の書物に登場する破産するという意味の「破家」と「者」を合わせて、「破産するほど愚かな者」から「馬鹿者」という言葉が生まれたという説です。これは、東北大學の佐藤喜代治名譽教授によって提唱され、日本國語大辭典で採用されているようです。

把在禪宗的典籍裏表示破產意思的「破家」和「者」合併起來構成了「破産するほど愚かな者」這麼一個表達,「馬鹿者」這個詞就來源於此。這種説法是由東北大學的佐藤喜代治名譽教授提出的,被日本國語大辭典採用了。

また、初めて「馬鹿」が「おろかな」という意味で使われたのは、江戸時代の「浮世草子・好色一代男」あたりからと書かれている物もありました。

據説「馬鹿」這個詞最早被用來表示“愚蠢”的意思是在江户時代《浮世草子・好色一代男》這類的作品中。

另外「馬鹿」這個詞和其它詞組合起來意思也是有變化的。如下。

想查看更多日語學習文章可掃下方二維碼關注滬江日語教研↓

本內容為滬江日語教研原創,未經授權嚴禁轉載。

相關閲讀推薦日本人真麻煩:「なるほど」不禮貌的原因竟然是...